本文へ移動

「Teatro Trinitario 2023」“オペレッタ×オーケストラ”

欲望と夢がひしめき合い、陶酔の時間が流れるなか、時を告げる時計の音が・・・!

堺を拠点に活動する 
オペラとオーケストラが手を取り合い
フェニーチェ堺からお贈りする舞台
いま、堺が共鳴する!

■ 日  時 : 2023年3月19日(日)
                  14:00 開演(13:00 開場) 
■ 会  場 : フェニーチェ堺(堺市民芸術文化ホール)大ホール

■ 指 揮 :    髙橋 直史
■ 管弦楽 :  大阪交響楽団
■ソリスト: 福嶋 勲 (ファルケ)
       並河 寿美(ロザリンデ)
       桝 貴志  (アイゼンシュタイン)
                   村松 稔之(オルロフスキー侯爵)
                   宮地 江奈(アデーレ)
                   片桐 直樹(フランク)
                   川崎 慎一郎(アルフレード)
                   西村 菜月(イーダ)
                   松原 友(ブリント博士)
       茂山千三郎 (フロッシュ) ゲスト出演
       福原寿美枝 (パーティの客人) ゲスト出演
       藤田卓也    (パーティの客人) ゲスト出演

■ 曲  目 : J.シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」《セミステージ形式》(セリフ日本語/歌唱ドイツ語)
■ 合  唱 : 大阪響コーラス・堺シティオペラ記念合唱団
■ステージング:岩田 達宗
■ 主  催 :公益社団法人 大阪交響楽団 /  堺シティオペラ 一般社団法人
■ 共  催 :フェニーチェ堺
■特別協賛:大和ハウス工業株式会社
■ 後  援 :堺市

■ 入 場 料:全席指定・税込
  SS席 8,000円
  S席 5,000円
  A席 3,000円
  
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※都合により出演者・公演内容が変更になる場合がございます。
※車いす席をご希望の方は大阪交響楽団072-226-5522(平日10:00-17:00)でご予約ください。

一般発売 10月29日(土)10:00 〜
堺シティオペラ会員 先行発売 10月6日(木)12:00 〜 10月11日(火)13:00 

■チケット予約方法
・堺シティオペラ事務局より(当ページ下部にフォームがございます)
・公益社団法人 大阪交響楽団:WEB/TEL 072-226-5522 (平日10:00-17:00)
・フェニーチェ堺:WEB
・フェニーチェ堺チケット窓口 (9:00-20:00) 
   休館日:第1・3月曜(祝日の場合は開館、年末年始)
※堺市立の栂文化会館・東文化会館・アルテベル(美原文化会館)窓口でも購入できます。
   (10:00-18:00)

■お問い合わせ先
大阪交響楽団 072-226-5522

フェニーチェ堺 072-223-1000
(9:00-20:00) 休館日:第1・3月曜(祝日の場合は開館、年末年始)
こちらの番号からはチケットの予約、購入はできません。


髙橋 直史(指揮)

©飯島 隆
東京藝術大学指揮科卒業、同大学大学院修了。ミュンヘン音楽大学大学院指揮科修了。文化庁派遣芸術家在外研修員として渡独、バイエルン州立歌劇場で研鑽を積む。その後はドイツでオペラ指揮者として活動をはじめ、ブランデンブルク歌劇場客演指揮者、オズナブリュック歌劇場専属指揮者兼コルペティトール、エルツゲビルゲ歌劇場音楽総監督及び同交響楽団首席指揮者を歴任。2021年より日本に音楽活動の場を移し、2022年4月より大阪交響楽団首席客演指揮者に就任。また、金城学院大学文学部音楽芸術学科教授として後進の育成にも力を入れている。

ドイツ・エルツゲビルゲ歌劇場では、特にワーグナー=レゲニーのオペラ『Der Günstling (お気に入り、またはファビアーノの最期の日々)』、ゴルトマルクのオペラ『Götz von Berlichingenz(ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン)』がメディアに大きく取り上げられ、国内外で大きな反響を呼んだ。また2013年にはヒンデミット没後50年記念・新国立劇場オペラ研修所公演『Cardillac(カルディヤック)』日本初演を指揮。

これまでに、新日本フィル、読響、名フィル、セントラル愛知響、大阪響、東響、ミュンヘン響、エルブランド響、アウグスブルク歌劇場、プラハ国立歌劇場、ピルゼン放送響等、オペラ公演、コンサートの双方において国内外の多数のオーケストラと共演している。

堺シティオペラ

©ひかり写真室
堺シティオペラは1978年市民オペラとして産声をあげ、1986年には堺市民オペラとして発足。1989年には堺シティオペラと改称。創設当時より海外の歌劇場やオペラ団体との交流を盛んに行い、1995年にはドイツのケムニッツ歌劇場と『魔笛』の共同制作を行い、堺とケムニッツで上演。2006年には歴史上初となるイタリアのプッチーニフェスティバルとの共同制作で、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の上演を実現した。2013年には音楽の都ウィーンにおいて日本歌曲や舞や狂言を交えた公演、2019年にはオーストリア大使館後援を受け、国交150周年記念コンサートを開催した。
1999年と2009年には『堺市特別文化功労者賞』を受賞、2012年『ちゃんちき』で三菱UFJ信託音楽奨励賞、佐川吉男音楽賞、2014年『黄金の国』音楽クリティッククラブ賞、2015年『カルメン』大阪文化祭奨励賞を受賞。
また、2019年堺市に新しく出来たフェニーチェ堺のグランドオープニング事業の最終日、出演者・スタッフ総勢350人でオペラ『アイーダ』を上演し、令和2年大阪文化祭賞を授賞。その後は、新型コロナの影響を受け予定していた公演が中止になることも多かったが2021年12月大阪交響楽団とフェニーチェ堺と堺シティオペラ三社共催しているil Teatro l’alba l’more『トーランドット』で2年連続大阪文化祭賞を授賞することとなった。
2022年2月予定していた定期公演『卒塔婆小町』『赤い陣羽織』も中止を余儀なくされたが、5月に大阪、6月に京都の能楽堂で特別公演として開催し、この種のオペラの新しい方向性を示したとの高い評価を得ている。
コロナ禍ではあったが、過去のオペラ公演の無料配信や第九公演を行うなど、多岐にわたるコンサートをはじめ、文化庁による様々な育成事業に採択され、地方への巡回公演に加え、地元でもジュニアオペラ(仮称)で未来を担う子ども達への育成事業にも力を注いでいる。

大阪交響楽団

©飯島 隆

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。 創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。

2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。

1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。

海外公演は、2002年12月、日本・ルーマニア交流100周年記念として初のヨーロッパ公演を、また2003年3月には 日越外交樹立30周年記念としてベトナム・ハノイ市にて公演を行っている。

楽団公式ホームページhttps://sym.jp

フェニーチェ堺

©石川 拓也

ストーリー

友人のアイゼンシュタインと仮面舞踏会にでかけ、楽しい時を過ごしたファルケ博士。
泥酔した彼は、こうもりの仮装のまま路上に置き去りにされ、町の人々の嘲笑の中で朝を迎えました。そこでつけられた名前が《こうもり博士》
人生に退屈しているお金持ちの公爵からの依頼で“愉快な仮装パーティ”を企てることに。
(ファルケにとっては)復讐のチャンス到来!
 短気なアイゼンシュタインが刑事罰で1週間の勾留の前日に開催される オルロフスキー公爵邸でのパーティ。 主な招待客は、恨みの原因を作った銀行家アイゼンシュタインと魅力的な妻ロザリンデとその召使いアデーレと妹のイーダ。そしてアイゼンシュタインが入所する刑務所の所長のフランクたち、全員が身分を偽っての嘘だらけの宴。
欲望と夢がひしめき合う陶酔の時間が流れるなか、時を告げる時計の音が・・・!

地図

フェニーチェ堺

フェニーチェ堺(堺市民芸術文化ホール)

大ホール

住所: 〒590-0061
大阪府堺市堺区翁橋町2-1-1

※駐車台数が限られています。
公共交通機関をご利用ください。

詳細はコチラ↓
フェニーチェ堺交通アクセス

チケットのお申込み

お名前 ※必須
 ※例:山田 太郎
フリガナ ※必須
(カタカナ)
 ※例:ヤマダ タロウ
郵便番号 ※必須
 ※例:123-4567
都道府県 ※必須
市区町村 ※必須
番地 ※必須
電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須



注) 半角英数字のみ
券種・枚数(合計枚数・合計金額) ※必須
チケットを複数枚お買い求めのお客様は
こちらに詳細をご記入ください。
※例)SS席2枚
   合計16,000円
SS席8,000円、S席5,000円、A席3,000円、全席指定・税込
感染症対策のためご購入は
お振込みでお願いいたします。
※難しい場合はお問い合わせください。
TEL:072-254-1151

チケット代振込手数料はお客様負担です。
発送手数料として別途300円いただきます。
その他お問い合わせ
堺シティオペラ一般社団法人
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4-256八光ビル
TEL.072-254-1151
FAX.072-254-1171
2
2
5
8
8
6
TOPへ戻る