本文へ移動

入会のご案内

入会のご案内

堺シティオペラは1978年の創立以来、オペラを主体とする音楽・舞台芸術の普及および向上を図り、文化芸術を通した街づくりを目的として活動を続けています。
 
活動の中心となる定期オペラ公演では海外から歌手やスタッフを招聘し、また海外歌劇場との提携公演や共同制作、海外音楽祭への参加等、ハイレベルな音楽文化を内外に発信しています。その他、ファミリー向けの公演「ウェスティミラクル」シリーズ、子ども向け若手演奏家を紹介する公演「フレッシュコンサート」、子どもたちを対象とした公演「子どもオペラぷら座」など異なる観客層を開拓するコンサートシリーズを展開しています。また、気軽に楽しめるレクチャーコンサートや文化講座の開催などコミュニティーアウトリーチ活動にも力を入れています。また、オペラ歌手育成を目的とした堺シティオペラアカデミーの開設、子どもたちのオペラ参加プログラム「Kid's Club」を開催しています。
 
2006年イタリア・トスカーナでのプッチーニフェスティバルに於いて、日本の団体として初めて現地との共同制作で「蝶々夫人」を上演、音楽のレベルはもちろん、装置や衣装、立ち居振る舞いなど、真の日本の美が現地新聞でも絶賛されました。2013年には音楽の都であるオーストリアのウィーンで日本のオペラと狂言によるコンサート「JAPANISCHE OPER & KYOGEN KONZERT」を行い、日本の音楽・舞台芸術を通して国際文化交流に貢献しました。その功績が認められ2019年には在オーストリア大使館より後援を受け、日本・オーストリア国交150周年を記念したコンサート「KONZERTGROßES JUBILÄUMSKONZERT」をウィーンにて行い賞賛を受けました。
 
これまで皆様の応援を支えに様々な活動を行ってきた堺シティオペラは2009年より「一般社団法人及び一般社団法人法に関する法律」に基づき「堺シティオペラ一般社団法人」として法人化をし、社会的責任ある活動を展開していくこととなりました。
 
音楽団体としての活動だけでなく、音楽・オペラ・舞台芸術を通して社会に貢献する文化団体として社会に必要とされる存在になれるべく活動を続けています。堺シティオペラの運営は、これらの活動に賛同された会員の皆様方のご協力、ご支援によって支えられています。堺シティオペラの活動をご理解いただき、ご入会下さるようお願い申し上げます。
 
堺シティオペラ 一般社団法人   
TEL / 072-254-1151
FAX / 072-254-1171
Email / office@sakai-city-opera.jp

沿革

1979   市民劇場委員会が本市市政施行90年を記念して「堺市民オペラ」を設立

1986 「堺市民オペラ協会」へ名称変更

1987年 アンサンブルスタジオ(現在のオペラアカデミー)発足

1989年 「堺シティオペラ」へ名称変更。海外からの招聘者を交えての定期公演開始。

             以降、全ての定期公演は字幕付き原語上演とする

1990年 サンフランシスコオペラと交流開始

1991年 韓国3都市で新春コンサートを行う。ブラチスラバ歌劇場(スロバキア)と交流開始

1992年 定期公演ではメトロポリタン歌劇場からも歌手を招聘

1993年 ノヴォシビルスク歌劇場(ロシア)と提携し『椿姫』を上演。

             子どものための「メイキングオペラ」シリーズを開始。(以降1995年まで毎年上演)

1994年 アメリカの雑誌「OPERANEWS」に取り上げられる

1996年 ウェスティミラクルシリーズを開始

1995年 ケムニッツ歌劇場(ドイツ)と共同制作で『魔笛』を4日間上演

1997年 定期公演では第52回国民体育大会(なみはや国体)関連事業として米、加、仏、ベルギー、韓国より

             13人の歌手を招聘し『カルメン』を4日間上演

1998年 再びケムニッツ歌劇場と共同制作で『ヘンゼルとグレーテル』を上演

1999年 ハワイオペラ歌劇場より舞台を、米国カスタディーヴァ社より衣装を借用し、

            『カヴァレリア・ルスティカーナ』と『ナインチンゲール』の2作品を同時上演

2000年 再びケムニッツ歌劇場と共同制作で『こうもり』を上演

2002年 ロシアパーム歌劇場より演出家と舞台美術装置家を招聘し、『ドン・カルロ』を上演。

             エボーリ姫役の吉田貴子氏が大阪舞台芸術新人賞受賞

2003年 プッチーニ作曲のオペラ『三部作』(外套、修道女アンジェリカ、ジャンニスキッキ)を一挙上演

2004年 定期公演『ファルスタッフ』にてファルスタッフ役の田中勉氏が大阪舞台芸術賞を受賞

2006年 イタリアのトッレデルラーゴで開かれる第52回プッチーニフェスティバルに於いて、

             日本の団体として初めて現地と共同制作で『蝶々夫人』を上演

2013年 日本のオペラ&狂言コンサートをウィーンで開催

2019年 日本オーストリア国交150周年記念コンサートをウィーンで開催

堺シティオペラ受賞歴

1995年10月 大阪文化祭賞受賞(オペラ「魔笛」)
1999年 7月 堺市功績団体として表彰を受ける
2004年 1月 音楽クリティック・クラブ賞受賞(オペラ「三部作」)
2004年 3月 大阪舞台芸術賞受賞(オペラ「三部作」)
2004年 9月 佐川吉雄音楽賞受賞(オペラ「三部作」)
2005年 9月 三菱信託音楽賞奨励賞受賞(オペラ「ファルスタッフ」)
2009年 5月 堺市特別文化功績者賞受賞
2010年 5月 平成22年度憲法記念日知事表彰
2013年 9月 三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞(オペラ「ちゃんちき」)
2015年2月 音楽クリティック・クラブ賞受賞(オペラ「黄金の国」)
2015年 9月 佐川吉男音楽賞受賞(オペラ「黄金の国」)
2016年2月 大阪文化祭賞受賞(オペラ「カルメン」)

概要

入会手順

「入会のお申し込み」を記入して送信。又は入会申し込み用紙を郵送かFAXで事務局に送信。

 

 

選んで頂いた会員種別の年会費を下記の銀行口座に納入。

  三菱東京UFJ銀行 

  堺東支店: 普通 0082362

  口座名義:堺シティオペラ 一般社団法人

 

*ゆうちょ銀行・池田泉州銀行の口座をご希望の方は「コメント・その他連絡事項」でお知らせ下さい。折り返し口座番号をお伝えします。

 

入金が確認されましたら、お礼状と会員証をお送りします。

 

「アーティスト会員」にご登録の方は出演機会がありましたら、その都度メールでお知らせいたします。*office@sakai-city-opera.jp からメールを受信出来るように設定をお願いします。

入会のお申込み

お名前 ※必須
例)山田 太郎
フリガナ ※必須
例)ヤマダ タロウ
生年月日 ※必須
郵便番号 ※必須
012-3456
都道府県 ※必須
市区町村 ※必須
番地・屋号等 ※必須
電話番号 ※必須
例)012-345-6789
FAX番号 ※必須
例)012-345-6789
メールアドレス ※必須


確認の為、再入力をお願いいたします
注)半角英数字のみ
会員種別 ※必須
ご確認事項
ご確認事項

アーティスト会員の方には堺シティオペラ関連のコンサート・催事に出演をお願いすることがございます。
ご希望の方はコメント欄に声楽(パート)、器楽(ピアノ他各楽器)、朗読、MC等ご記入ください。
コメント・その他連絡事項

入会申込書

堺シティオペラ一般社団法人
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町4-256八光ビル
TEL.072-254-1151
FAX.072-254-1171
1
1
3
6
3
8
TOPへ戻る